カブトムシの食べ方まとめ

2018年3月20日

どうも。

 

女性アイドル、初のライブで「カブトムシ」を食べて解雇

普段からバッタなどを捕まえて食べるというメンバーがライブでカブトムシを食べ、
これを事務所が問題視。契約解除される…

 

いまアイドルオタクの中でカブトムシを食すことがあつい!とのことでまとめてみます。

 

珍獣屋に行く

 

珍獣屋のメニューにカブトムシがあるそうです。

これが一番手っ取り早いのではないでしょうか。

 

 

幼虫は漬ける

 

虫の味はエサに左右されることが多いらしく、特に日本のカブトムシはその典型だそうです。

幼虫の場合は腐葉土臭がひどくてそのままでは食べられたものではないそう。

内臓をよく洗い、塩とおからを詰めて1週間ほど臭みをぬき、もう一度よく洗って今度は塩と唐辛子など詰めて本漬けする。

こうして1ヶ月漬け込む。これでなんとか食べられるようになる。

 

成虫は焼け

 

クヌギなどの樹液を好むため臭みはいくぶん薄まるのでそのまま焼いて食え。

羽や足がちょっと焦げるぐらいが食べごろらしい。

 

揚げるのもあり

 

匂いが付かないように育てた幼虫はそれはそれはエビのような触感がしてクリーミーとか・・・クリーチャーのまちがえでは?

成虫は塩を振ってぼりぼり行きましょう。

 

最後に

 

この記事を参考にカブトムシを食べて体調を崩しても一切の責任をとりませんのでご注意ください。