ピンチケ式・交通費の浮かせ方!

2018年6月8日

どうも

 

われわれピンチケは財源の確保としてあらゆる節約をしますが、交通費に目を向けてみると意外と削れるところがあることに気づきましたので書き上げます。

 

※公共交通機関を利用た節約記事です。

※徒歩とかチャリとか求めている方はすみません。

 

1.JRは途中駅で降りろ!

 

JRは他社の電車と競合する区間は値下げしたりややこしい料金設定となっており、目的地にまっすぐ行くより途中下車したほうが安くなることがあります。

 

例:秋葉原→海浜幕張

 

途中下車なし:550円

途中下車あり:530円

(秋葉原→小岩:220円、秋葉原→海浜幕張:310円)

 

ちなみに分割.netを使えばどこで降りたら安いか調べることができます。

 

2.そもそもJRを使うな

 

JRがそもそも高いのでできるだけ私鉄を使いましょう。

 

秋葉原→海浜幕張:500円

秋葉原→(日比谷線)→茅場町→(東西線)→西船橋:280

→(JR)→海浜幕張:220円

 

とJRで途中下車するより安くなるのです。うまい棒2本とブラックサンダー買えますね。

 

注意としては私鉄が必ずしも安いわけではなく

新宿から白金高輪SELENE b2に行くときは田町から降りたほうが(ICだと)1円安かったりします。その時その時で調べるようにしましょう。

ちなみにその区間で速さを求めるなら都営大江戸線が一番早いです。一番高いけど。

 

3.バスを利用する。

 

東京民は都営バスを利用しましょう。どれだけ走っても220円です。

例えば千葉方面に住んでる人は錦糸町から国際展示場へのバスが走ってますので、錦糸町から220円で国際展示場に行けます。(電車だと550円)

 

目的地にあるバス停を都バスのサイトからしらべてなるべくバスを使いましょう。

またバスを降りてから90分以内に乗り継ぎをすると2つめ以降のバスは半額で乗れます!ICだとね

 

もしかしたらいつも電車で行ってたあの場所はバスのが安くいけるかも?

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか。

ちなみにチャリとか使うと飲食費がかかって元取れないことが多いです。疲れてイベントどころじゃないし。

新宿飯能間はチャリで走らないほうがいいぞ!絶対やぞ!

 

またオタクはTPしがちです。そいう言うのはいけないとおもいます。