フルーティー北出彩卒業公演に参加しました。

どうも

タイトル通りです。

感想

北出彩ちゃんは北海道のご当地アイドル「フルーティー」のメンバーで

僕が「片思いしていた相手に似ている」という理由で通い始めたアイドルです。

 

北海道のご当地アイドルですが、東京でしかあったことなかったので「このアイドルを育てた環境を見たい」とそんな気持ちで今回は北海道遠征を決めました。

 

さて、本題です

音質派はmixガイジとして有名らしいですが、「このアイドルを育てた環境を見たい」というのが強くて珍しく後方で彼氏面して眺めていました。

素直に思ったのは「オタクを含めたこの景色がフルーティー」なんだなと

特に特殊なmixとかせずスタ日アイヌしかmixもしないですが、それ以外のmixの必要性を感じさせないほど熱いオタクたちでした。

また、予想外なメンバーが涙を流していたりして、とても良いメンバーに恵まれているんだなとか、スタッフの熱もあっちっちで北の寒さを吹き飛ばすほど熱い魂を持ってる人々に囲まれて「北出彩」になったんだなとか考えてた見てました

ステージでは卒業を感じさせないほど力強いパフォーマンスでしたが、終盤の「エモい曲コーナー」では歌詞が今のフルーティーにとてもマッチングしている曲もあり、そこでみんな「卒業」という二文字がよぎってきたのか少しずつそういう雰囲気に飲まれて行きました。

 

中盤ソロコーナーでは「気まぐれロマンティック」アンコールでは「fragile」を披露して

気まぐれロマンティックは卒業っていうより出会いを感じさせる楽曲ですが

なんとなく北出らしいというか北出に似合う曲あかるい元気な曲でなんかチョイス良いなと他動しながら眺めてました

 

一方アンコール後披露したfragile

イントロで感極まって目から汗が出るなどしつつ聞き入っていましたが、

楽曲に北出の声がすごく合うし

「出会えたことからすべては始まった」

この歌詞に頬を思いっきり殴られたというか、この世の心理というか悟りを開きました。

 

北出との出会いは、ツイッターに流れてきた自撮りが「片思いしていた相手に似ている」でしたが、

今では「北出彩」としてアイドルとして好きになれたし

「愛しいだなんて言いなれてないけど今なら言えるよ君のために」って感じになりました

アイドルとオタクの関係ですが、この「fragile」という曲はそれの心理に近いものを表現しているなと(さすがに作りては意図してないとおもいますが)

これをさいごにチョイスする北出よ、、、好きだ、、、

アイドル

 

みなさんどういう観点からアイドルを推しているでしょうか。

演者を好きで通っている人、曲が好きで通っている人、それぞれだとおもいます。

 

僕はもっぱら曲で遊ぶためにかよってますが、フルーティーに関しては北出彩ちゃんというアイドルを拝むために通ってました。

 

北出彩ちゃんは僕が一番推せたアイドルかなとおもいます。

容姿は先ほど書いたとおりですが、パフォーマンス面でも優れていたり、声もかわいいし対応もよい

そう、ぼくのかんがえたさいきょうのあいどるでした。

そんな彼女がアイドルを辞めてしまうのはすごく寂しいです。

でも短い間ながらも彼女を見ていられた時間は特別なものだったし、今後本人が幸せになれるならokかなと思います。

こんなにこんなに 君を好きになって
本当に本当に ウレシイから
たとえば この先くじけてしまっても
にぎりしめたその手を もう離さない
出逢えたことから 全ては始まった
傷つけあう日もあるけれども
「いっしょにいたい」と そう思えることが
まだ知らない明日へと つながってゆくよ

引用元:うたまっぷ

 

さいごに

いつかは終わりが来てしまうのかもね
思い出すよ楽しかった帰り道
いつまでもこんな日々がずっと続くと信じてた
だからこそ今前を向いて走りだす

とある声優アイドルの曲のDメロの歌詞です。曲自体は盛り上がる系のアニソンですが

いつか終わりが来るってどこかでわかっていても、今を生きるのをやめられないそんな僕達オタク、いやその枠を超えて人間の心理を書いた歌詞と僕は思います。

僕は北出彩を見ていた中でひとつだけ後悔してることがあります。

初めて北出彩に会ったのは二年前の北出彩の生誕でした。

そこから半年ぐらい東京遠征のときは通ってましたが、先ほどの声優アイドルが忙しくなり1年ぐらい開けてから久々に行った直後に卒業発表がありこの空白の期間も北出彩を見て入れたらもっと素敵な経験ができたのではないかと

少し後悔しました

 

皆さんの推しもいつかは終わりが来ます

その終わりを素敵に迎えるにはきっと前を向いて走りだすことが必要なのかと少し思いました。

おわり