CDを高音質でリッピングする方法

2018年3月3日

どうも

 

今日はまじもんの”音質派”的な記事を書いていきますが、

基本はプラシーボ効果ですので、リッピング早いほうがいいって人はitunesでも使っててください。

また、タグの編集の項目もありますので、そこだけでも参考にしていただければ幸いです。

 

1.そもそもCDのリッピングで音質は変わるのか

 

答えは「変わるけど人間の耳じゃわからない」ですね。

今日お教えする方法は「如何に精度よくリッピングするか」って話です。

CDリッピングするときに、傷や振動などでデータが抜けた状態でリッピングされることがあります。(てか普通のソフトなら必ず抜けます)

無題.png

 

実際1/44100秒とかなんで人間の耳じゃわかんないかもしれませんが、Exact Audio Copy というリッピングソフトを使うとデータが抜け落ちた場合もう一度読みに行ったりして完璧なデータを作ります。

他のリッピングソフトと比べて時間はかかりますが「正しいデータ」としてリッピングすることが可能です。

 

2.Exact Audio Copyを使おう

 

僕のブログを見ている人はソフトのインストールで躓くようなことはないって信じたいので操作のご案内です。

 

2-1.日本語化

 

こちらから 日本語化をファイルをDLします。(PCでクリックしてねしてね)

このファイルはこちらのサイトさんのから転載させていただきました。インストールで躓く人はこの人のブログ読んでね。

DLしたzipを解答したらJapanese.txtってのが入ってるので

file://Program Files (x86)\Exact Audio Copy\Languages にコピーしてね

そうして起動したら日本語になってるらしい。

ならなかったらEAC→EAC option→general→languageで変えれます。

 

2-2.設定ファイルのプレゼント

 

飛ばせる設定は飛ばしたほうが楽だよね!

僕の設定ファイルをあげるのでこれを読み込んでね!

DLして回答したら下の画像みたいな感じで読み込んでね!

 

無題.png

 

2-2.エラー訂正リッピングの設定

 

とりあえず何でもいいからドライブにCDをぶち込みましょう。

僕はTSUTAYAのレンタル落ちコーナーに落ちてた小倉唯のRaiseをぶち込みたいと思います。

 

 

EAC→ドライブオプションを開きます。

 

無題.png

 

読み込み能力の検出をクリック

 

無題.png

 

すると勝手にテストが始まります。ちょっと時間かかるので待ちましょう。

 

無題.png

 

終わったら次のトライブの特性なんとかかんとかをクリックして左下のOKをクリックしてね!

 

無題.png

3.メタデータの設定

 

メタデータの設定をしましょう。

 

3-1.VUPlayerのインストール

 

こ↑こ↓からVUPlayerをDLしてインストールして

管理者権限で開いてください。管理者権限じゃないと設定ができません。

 

無題.png

 

File → gracenote → Registration…と選択し、

「gracenote CDDB Registration」というダイアログが出たら「Next」

「I have read and agree to these Terms of Use」にチェックを入れてフィニッシュ!

 

そしたらoptionを開きます。

 

無題.png

 

黒枠内の二つをチェック入れてください。

 

これでVUPlayerの設定は終わりです。

 

ちなみにVUPlayerはCD再生ソフトですがEACのデータベースがガバガバなのでこちらで代わりにメタデータを取得します。

 

3-2.メタデータのインポート

 

ドライブにCDを入れてみるとVUPlayerにデータが表示されます。

候補があると↓のように選ばされます。

 

無題.png

 

選択すると無事にデータが取得されたことがわかります。

 

無題.png

 

そしたら

File→Export info→cdplayer.ini

を選択して準備完了です!EACにもどりましょう!

 

無題.png

 

データベース→CD情報の取得→CDPLAYER.INI(P)を選択すると情報がEACに読み込まれます。

 

※ここで読み込まれなかったらC:\Users\アカウント名\AppData\Local\VirtualStore\Windows\cdplayer.iniを削除してPCを再起動してVUPlayerでエクスポートしなおしてください

そうするとうまくいくはずです。これでうまくいかなかったら知りません。

 

これでリッピングの準備は完了です。

 

無題.png

 

右のCMPを選択して保存場所を選択します。

今回はわかりやすくデスクトップにします。

OKするとリッピングが始まります。ひたすら待ってね。

 

4.flacとは

 

リッピング終わったぞ!さて聞くぞ!

拡張子.flacってなんなんねん、、、ってなったと思います。

 

無題.png

 

flacっていうのは音楽のフォーマットの1つでwavより少し軽いけど、再生時はwavと同じ音質で再生してくれるという優れものです。

またwavと違ってメタデータが入るので管理がしやすい!

ちなみにwindows10からはOS標準で再生してくれます。macも確か最新のOSなら標準だったはず。10.9.5で止めてるので知らないです。

5.足りないメタデータを追加しよう

 

AIMP ってソフトを使います。めっちゃ優秀な子です。

ぜひDLしてみてください。

インストールした前提で話を続けます。

 

5-1.アルバムアートワークを設定しよう

 

 

全曲選択して右クリック→AIMP→タグ編集を選びます(小倉唯のフォルダを右クリックでもできます。)

 

無題.png

 

全選択して、アルバムカバーの上で右クリック→カタログ→googleを選択します。

 

無題.png

 

そうするとなんと「小倉唯 Raise」で画像検索してくれます。

 

無題.png

・・・素直に射精です

 

さてアルバムアートワークに設定したい画像を右クリックでコピーして

AIMPのアルバムカバーの上で右クリックして貼り付けして右下の保存を押します。

 

 

 

無題.png

 

そうすると・・・

 

無題.png

 

アルバムアートワークが設定できます。

めちゃくちゃ楽です。

 

5-2.アルバムアーティストを設定しよう

 

EACだとアルバムアーティストを書き込めないのでこちらでAIMPで設定します。

全選択して全フィールドを編集をクリックします。

 

無題.png

 

アーティストの横をチェックを入れてから「小倉唯」をコピーして

アンサンブルの横をチェック入れて「小倉唯」をペーストしてから左下の保存を押して完了です。

 

無題.png

 

5-3.設定できてるか確認

 

確認してみましょう。itunesはインストールしてないのでmedia goで確認してみましょう

 

無題.png

 

ぶじできましたね。

 

6.鑑賞してみましょう

 

う~んいい音だ、、、

・・・いい音なのか?

mixのバランス、、、バッキングのギターとストリングスのすみわけできてないし、ベースとキックの分離悪いしな、、、

なんだか見通しが悪い音ですね、、、

あと、ボーカルのピッチの修正がいまいちですね、、、たぶんわざと直してないのでしょうけど

 

CDをどんなに高精度でリッピングしてももともとの音よくないから意味ないですね!残念!

 

まとめ

 

・EACはめんどくさい

・AIMPは神

・音質は結局録音悪いと悪いよ

 

ちなみにflacでリッピングしたわけですが、AIMPの右クリックメニューの別形式に変換するとMP3に変換できたりします。神アプリです。AIMPはいいぞ

 

それではまた

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Raise [ 小倉唯 ]
価格:1113円(税込、送料無料) (2018/3/3時点)