イェッタイガー、MIXに過剰反応するオタクは発達障害の恐れあり!簡易チェックしてみる?

2018年5月24日

どうも

 

イェッタイガーやmixに過剰反応する人って発達障害なのでは?とおもい色々調べてみました。

 

発達障害とは?

 

発達障害とは、
発達障害者支援法には
「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、
注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であって
その症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」
と定義されています。

とのこと。

 

なんでイェッタイガーが嫌いだと発達障害なの?

 

発達障害の根本には感覚過敏があるといわれ

あらゆる感覚に関して過剰に反応してしまう性質を持っています。

 

例えばちょっとした冗談でも気にしてしまい結果うつ病になってしまったり

他人のひそひそ話が自分の悪口を言っているように感じたりします。

 

ちょっと話が変わりますが、カクテルパーティ効果というものがあります。

簡単に言うと雑音の中でも意識したものを聞き取れるというものです。

 

例えば、騒がしい中でも名前を呼ばれたら聞き取れるとか、騒がしい居酒屋でも話相手の言葉は聞こえるというものです。

 

しかし、感覚過敏により聴覚が過敏に反応してしまい、雑音の中から自分の聞き取りたいことが聞き取れない人がいます。

また、聞こえてるのに理解できない等日常生活に支障が出る人も多々。

 

これを聴覚情報処理障害といい発達障害の一種とされています。

 

イェッタイガーを嫌う人はそろって「演者の歌声を聞きに来たのになんでオタクの汚いコールを聞かなきゃいけないんだ」

とそろって言います。

 

もうお判りでしょうか?

 

なにが言いたいかというと

 

演者の歌声が聞きたいのならカクテルパーティ効果で演者に集中しているなら聞き取れるはずなのです。

 

イェッタイガーやMIXに過剰反応してしまう人は聴覚情報処理障害および他の発達障害の恐れがあります。

 

ちなみに発達障害は治りません。どんまい在宅。

 

じゃあどうすればいいの?

 

発達障害にも種類があり、多動性注意欠陥障害いわゆるADHDと呼ばれるものがありあます。

衝動に逆らえず行動してしまったりする人です。

 

ひとにイェッタイガーされて楽しめないなら、自分でイェッタイガーしたいという衝動をまとってライブに望めばいいのです。

 

きっと楽しいと思いますよ。

 


 

という冗談はさておき

このサイトのように簡易的に自分が発達障害の疑いがあるか調べれるツールがあります。

 

また医者に薬を処方してもらえば、治らないにしても症状を軽減させることも可能です。

 

また、自立支援医療という制度があり、発達障害と認められた場合それに関する治療費の負担が一割になったりわりと親切な制度があります。

そのへん詳しくはぐぐってね。

 

そもそもMIXとかイェッタイガーは厄介をするためにしているのではない。

 

これらの行為を煙たがる人はmixやイェッタイガーをする人を厄介といいますが、私たちする人からしては厄介しようともってしてるわけではないし、目立とうとしてやってるわけでもありません。

 

やらない人にはわからないかもしれませんが、楽しさや、芸術性があり、mixとひとくくりにしていますが奥深さがあります。

 

僕からすると地蔵の気持ちがわかりません。

 

お互いわからないんだから文句言いあっても仕方ないんです。

 

「mixうってるなー」「地蔵してるなー」

くらいの認識でいればもめごとなんて起きないのです。

 

リウムで殴るとか酒を吹きかけるとか流血とかいろいろききますが、

そういった「ムカつく」から起きる衝動を周りに人がいる会場で形にするという行動に発達障害の疑いがあります。

 

自覚がある人はカウンセリング受けましょうね。

 

イェッタイガーに関する関連記事

音楽的視点から考えるイェッタイガー論