ミルキィホームズのオタクが地底アイドルを見に行った結果

どうも

ミルキィホームズからESDを経て地下落ちしたオタクが地底アイドルを見に行ったレビューをくれたのでここで紹介しようと思う。

 

地底アイドルとは?

 

地底アイドルには二種類ある。

  1. 「わたし、アイドルだよ!」と言えばなれるやつ。都内の小規模ライブハウスに生息する。
  2. 運営会社がいるも、集客能力が低いグループ。都内の小規模ライブハウスに生息するも、中規模イベントが演者不足の場合は呼ばれることも多い。

まだ、カバー曲しか無いみたいなアイドルは容赦なく地底アイドルだ。

 

今回レビューしたイベント

 

S.U.B.Tokyoで行われた「アイドル放課後プロジェクト特別編」~早割ワンコイン編~だ。

マーカーは気にしないでほしい。ぱっと探した感じこれしか見つからなかったので。

今回は時間の都合で4組目から14組目のアイドルのレビューとなる

 

レビュー

 

グループ名 想定専属オタクの人数 レビュー

暴走注意⚠️めるてぃプリンセス 2人 なんかよくわからんけど衣装のひらひら脱いでた。
ポいズん➕ 0人 たぶんただの私服の4人組。誰かオタクになってあげて。きみがすきという曲はちょっといいけど全部斉唱で微妙。
中森あおい 3人 清純派系?ソロアイドルこの時間にしては人気かもしれない。声を出してるのは30-40代のオタク2人。オタクは寒い。顔面偏差値はそこそこにそこそこ。でも準備体操で終わるとかいう謎プレイしてくる。
橘うらら 1人 最前に電気屋の店員みたいなおっちゃんがいるのがTO?甲賀忍法帖で誰も踊らないけどたぶん行けば踊れる。電気屋のおっちゃんは扇子でケチャしてる。カバーアイドル?和服が良さでている。
Shallm♡Cat 2人 ダンス系3人組。TOのおじさんは叫ぶときに誰よりも動く(推定年齢40代)。アイドルの野太いウリャが聞ける。TOのおじさんより動ける猛者が必要な現場。
まじょぴちゅ 8人 ドンキのセーラー服もアイドルが着れば様になる(ドンキかどうかは知らんし、別に正式な衣装はある)。山上兄弟のプロデュースらしく、「てじなーにゃ」を合法的に使ってる。10/2ワンマンライブ、DESEOmini。午後トップバッターなりの強さはあるので将来性あるんじゃないですか。知らんけど。でも言われてみれば昔(1年以上前)見た気がする。
Bud B!oom 2人 5人組。売れるアイドルには必ず金髪ショートがいる法則に乗っかってる感じは否めない。別に突出して良さとか悪さとかないのにこのオタクの数なのは…と思ったけどまだ2018/4~なのでこれからなんですか?「あれんちゃああん」って言うオタクがいる。TOってほどの風格はまだない。1shot500円やすい。
シブヤDOMINION 2人 4人組。自分の色のサイリウムを片手に持ってる。2曲目にはサイリウム置くというツッコミどころなのかよくわからないことをしてくる。そんなに特徴はない。
POPUP 9人 4人組。女オタクが一番声デカイし、mix打つときに形からして出来上がっている。日カンボジアなんたらかんたらなのでオフィシャル味あるし、そこそこに曲は強い。言いたいことを言わない口上の使い手だけど言いたいことも言える。あとM1→M2によくわからんmixか口上を使ってる。
君のヤミは全部僕が背負う 0人 広島のアイドル。アウェーがキツすぎて見てるこっちが悲しくなった。フロアに降りて直々に関係ないオタクの手を引っ張って総動員した。サークルを作り上げたものの、そういうノリのオタクはさぶとーきょーにはいなくて悲しさが増してしまった形。いじめ撲滅運動をしてるっぽい。
原宿ソフトクリームランド 1人 初恋サイダーという卑怯な手を使う5人組。1人休み。キューティーセクシー担当とかいう面白い担当がいる。ただ、惜しいことにさっきの広島のアイドルのせいでファッションオタクはみんな怖がって出てしまっていて初恋サイダーも不発に終わったなんかソフトクリーム調のオリジナル曲はそこそこにいい気がした

とこんな具合だ。

最後に

地底アイドルは良く有名なアニソンやアイドル曲をカバーすることが多く、アイドルを見たことない人でも気軽に行くことができる上に地上価格からすれば圧倒的に安い価格で入ることができる。

一度アイドルを見てみたいって人には敷居がとっても低いのでお勧めだ。

それではまた