スタンダードmix尺+2小節の問題と対応例

どうも

 

スタンダードmix尺+2小節、この尺に以前から違和感を感じていたので書かせていただきたいと思います。

 

スタンダードmix+2小節の尺ってなんぞ?って人はこの動画の一曲目を見ればわかるかと思います。

 

この尺の現状と問題点

 

この尺にで打つスタンダードmixを思い浮かべてください。

普通のオタクならこれがスタンダードmixのスタンダードだと思います。

 

いたって普通のこれですが、

ファイボワイパーの「パー」を小節無理やり伸ばして1小節埋めています。

 

個人的にこれが気持ち悪い。なんかむず痒い気持ちになるのだ。

 

同等の尺でのよく見かけるmix

 

現状では上記の対応と別に倍速mixをうつことがあります。

また倍速にも二通り確認しており、

 

  1. スタンダード→倍速
  2. 行かずに+2小節部分だけ倍速(いわゆる林修mixを含む)

 

こちらは上記の問題を解決していて、個人的に好感がもてます。

 

対応策

 

ワイパー引き延ばし問題への対策として自分で行っていたのは以下のとおりです。

とイェスクレイパーを無理やり入れて尺を埋めて対応してみてましたが、

しかし、リズムが一定なので淡々としてて面白味がかんじられませんでした。

(余談ですが、日では飛除去宮本武蔵で対応してました。)

 

 

上記の問題を解決した対応策

 

たくさんの現場で同じ尺をどう対応しているか調べてきました。

まずはこの二点です。

  1. ファイボーワイパファイボワイパー
  2. ファイボーワイパダンスファーマー

ですが、二回目のファイボワイパーを発音する際、シンコペーション(強拍の位置、つまりここでは「ファ」の位置を変えてリズムに変化をあたえる)しているのでイエスクレイパーをいれるときよりは発音してて楽しさを感じます。

 

次にはちょっと無理やりですが、曲を選べば楽しいパターンを紹介します。

 

ファイボワイパーのあとにジャンパーピンガダンスファーマーを倍速で入れるパターンです。

これは曲を選びますが、やれればかなり楽しいです。

(16ビートの楽曲でやると気持ちいです。)

 

また、ファイボワイパー抜きで等速でジャンパーピンガダンスファーマーってパターンも時に見かけます。

 

その他の解決策

 

そもそも+2小節なので普段から2小節でやっていることを後付けすれば解決なのす。

 

あげればきりがないぐらい出てきます。そもそもmixにルールはないので可能性は無限大です。

自分の好きな組み合わせを考えましょう。

 

最後に

 

普段から打っているmixに疑問をもって考察することによって新しいmixへの糸口がつかめるかもしれませんので、皆さんも疑問に思ったことがあれば考察してみてください。

僕が考えたmixとか全くないんだけどねガハハ

 

関連↓

音楽的視点から考えるイェッタイガー論