2020年に”アイドルの恋愛禁止”について考える

どうも

最近繋がり発覚が多くなった気がします。
なんなら妊娠したアイドルがいましたね。
そいつらのせいで考えてしまいました。
アイドルの恋愛禁止について。

“アイドルの恋愛禁止"は
確かに文字列としては古臭いと
思えるが、
古臭いで片付けるには
ちょっと無理がある問題であります。

その辺のあれやこれやを
つらつらと書いていこうと思います。

そもそもアイドルが"恋愛禁止"を掲げて活動している

“アイドルの恋愛禁止"は
そう、古臭い考えです。

が、しかし、
多くのアイドルグループは
恋愛禁止や
プライベートで男性への過度な接触は
NGにしているアイドルグループが多く
そもそもアイドルグループ自体が
“アイドルの恋愛禁止"を掲げています。

“アイドルの恋愛禁止"を
気持ち悪いと思う人も多いと思いますが、
そもそもアイドルグループ自体が
それを作っているわけです。

実際に男性と密会しているアイドルは
解雇したり謹慎処分する
アイドルグループがほとんどです。

参考↓

また、
地上アイドルグループは
解雇も処分もないが形式上
謝罪するグループが多い

 

つまりは
現段階では
アイドルの恋愛は
少なくとも御法度に近いものであります。

アイドルの恋愛禁止は必要か

これはアイドル側が必要と思えば
そのルールを用意するべきだし
必要ないのであれば
堂々と恋愛すればいいのです。

たしかに気持ち悪いという意見はあるでしょう。
ですが、その気持ち悪さを含めて
アイドル現場なのです。

オタクもアイドルも
その気持ち悪さと上手く共存し
活動しています。

そう、我々アイドルオタクは
気持ち悪さと共存しているのです。

恋愛したいアイドルは公表しろ

前述したように
恋愛禁止が必要ないのであれば
堂々と恋愛すればいいのです。

MCで「好きな人ができた」とか言えば
その恋愛を応援するコンテンツができます。

あらかじめ恋愛可能であることを
言っておけば堂々と
彼氏ができたことも発表できるし
彼氏ができたことに対して
お咎めも無いのです。

ですので、
某妊娠したアイドルは
活動初期から
「活動を支えてくれている彼ぴがいる」
と明言していれば知らんオタクから
ぼろくそ叩かれることもなかったでしょう。

恋愛禁止を絶対化したいオタクはあと5年まて

SAOってアニメ知ってますか?
あれの設定上では
2022年にフルダイブMMORPGが登場します。
まああと二年では難しいかもしれませんが、
現段階では
実在しない人の顔写真を
生成するAIが存在します。

また、AIきりたんと言った
めちゃくちゃネイティブに
歌唱できる音声合成技術もできていて


Googleアシスタントや
アレクサ、コルタナの進化を
見ている限り
5年後には違和感なく
会話ができるAIは
確実に登場するでしょう。

そして、アイドルAIが誕生するのです。

AIに恋愛しないように
プログラミングすれば
絶対に恋愛しないアイドルの誕生です。

リアルアイドルは
恋愛し彼氏を作ってしまう
欠点があるので10年後には
AIアイドルに淘汰される可能性すらあります。

今ではアイドルまがいの
バーチャルユーチューバーとか
いますが、
あれば3Dモデリングのため
あれに市場を持ってかれる可能性は
ないですが、

VR技術が発展して
リアルワールドとVR空間の映像が
視覚的に差を感じられなくなれば
確実にAIに持ってかれます。

つまりはその時期まで待てば
繋がりアイドルにメンタルを
ゴリゴリ削られていたオタクたちは
救済されます。

その時を待ちましょう。

関連記事