ワイヤレスマイクとスマートフォンの電波の干渉について

どうも

今回はワイヤレスマイクとスマートフォンの電波の干渉についてご紹介します。

干渉するのはWi-FiとBluetoothだけ

ワイアレスマイクにはWi-Fiの電波を利用し伝送するタイプのものがあります。
そのためスマホやポケットWi-Fiの電波やBluetoothとは相性が悪く電波干渉が発生し、音声が途切れたりする可能性がありあます。

ライブハウスの壁などに「Wi-Fiをお切りください」等の張り紙があるのはそのためです。Wi-FiとBluetoothは切りましょう。

トウセン宇田川ビル

余談ですが、この建物には

B1 渋谷チェルシーホテル
1F 渋谷Star lounge
2F Shibuya THE GAME
3F 渋谷Milkyway
5F aube shibuya

と5つライブハウスが入ってる建物です。(4階は確か飲食店、6,7階はクラブ)

2.4GHzのワイアレスマイクは16本までしか同時に使うことができず、干渉する可能性が高いため、この建物は各階がマイクを何本使うかグーグルカレンダーで共有しているそうです。

このライブハウスビルに行くときはWi-FiやBluetoothに気をつけましょう

他の帯域は干渉しない

マイクロフォンで使う帯域は主に

  • A帯
  • B帯
  • C帯
  • 1.9GHz(DECT)
  • 2.4GHz
  • 5GHz

があり、2.4GHzと5GHzはWi-Fiの帯域を利用するので干渉する可能性はありますが、他の帯域はスマホが使用する帯域とは区切られており、干渉する可能性は低いです。
(5GHzは屋外での使用には法律で制限があるため、スマホやモバイルルーターでの干渉する可能性は低い)

スマートフォンで使用する周波数帯

バンド周波数docomoausoftbank
12.1GHz
31.7GHz
8900MHz
111.5GHz
18800MHz
19800MHz
211.5GHz
28700MHz
412.5GHz
423.5GHz

マイクロフォンで使用する周波数帯

A帯#1470-710MHz
A帯#2710-714MHz
A帯#31240-1260MHz
B帯≒806-810MHz
C帯≒322MHz
DECT≒1895MHz-1903MHz

隣接する周波数

マイクスマホ
700MHz周辺710-714718-748,773-803
800MHz周辺806-810815-845,860-890

この表から見てわかる通り、隣接はするものの同じ帯域は使用されておらず、干渉する可能性は低いです。

ツイッターのデマに騙されるな

ツイッターで以下のようなツイートを見かけます

デマです。
しかし舞台や演劇ですと確かに音や光は空気感や演技・演出の妨げになるので、音を出さないとか光度を下げる設定をして使用しましょう。また、使用の禁止を明記してるのであれば使用を控えましょう。

しかしながらこういったデマを盾に人を叩くのは話が違います。嘘は良くないよ。
そしてこういったデマが34000回もRTされています。こういうのを見た警察がヒステリックを起こしサイリウムで殴ってると思うと推し曲じゃない時に時間確認ですらスマホを覗けなくなります。

というかオタクは横のオタクばっか気にしてないでステージを見らんかい

さいごに

小規模な会場ではWi-FiとBluetoothは切りましょう。